佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

筋トレのフォームが崩れる要因!?

▼筋トレのフォームが崩れる要因!?
 
佐藤雄一です。
 
半身4日目!(第47クール) 
背中(ベントオーバーロウ60kg)・胸と背中(プルオーバー20kg)・肩(サイドレイズ10kg)・二の腕(ディッピング)
 
「スタートのフォームが悪ければ、その後、動けば動くほどフォームは崩れる」と、お客さまに口酸っぱく言います。フォームが崩れる要因は、前の動きにあると考えているので、そう考えてフォームを意識していくと、スタートポジションが一番重要と考えに至りました。
 
これ論理的に熱弁したら「そうかも!」と思って頂けるかな!?お客さまは、その時はご理解頂いて、スタートポジションに意識を向けてくれますが、大半の方はフィニッシュポジションが大事だと思っているので、僕の目から離れると、すぐに意識を忘れてしまいがちです。
 
今クールから、ベントオーバーロウのフォームを変えました。回を重ねるごとに、マッスルコントロールの精度が高まっていますが、たまに前のフォームになってしまう時があります。
 
今のフォームは、関節の動きがこれまでと違うので、前のフォームで行うことが出来ません。なので、スタートポジションが前のフォームになってしまった時は、カラダの動きが変になります。途中で修正もききません。新フォームが脳やカラダに馴染むには、もう少し時間がかかるかな?

最新のお知らせをいち早くお届けしています。

友だち追加