佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

やっぱり○○の筋トレは、ツラくても気持ちが下がらず頑張れる!

▼やっぱり○○の筋トレは、ツラくても気持ちが下がらず頑張れる!
  
 
佐藤雄一です。
 
 
半身1日目!(第56クール) 
背中(ベントオーバーロウ80kg)・背中(ワンハンドロウ30kg)・肩(ダンベル・ショルダープレス12kg)・力こぶ(サイドカール12kg)
 
 
背中の筋トレが一番やり甲斐を感じるので、高頻度でおこなってしまいます。
 
 
疲労が溜まり過ぎて、筋肉がガチガチに硬くなり、マッサージに行くと、セラピストさんの指が全く筋肉に入りません。
 
 
それでも、他の部位よりも背中を重点的に鍛えてしまいます(笑)
 
 
年々、カラダの回復力が衰えてきてますし、休むことも筋肉の発達には必要なので、ちゃんと休息日を設けることにしました。
 
 
その分、一番やり甲斐を感じない胸筋を鍛える日を設けました。
 
 
ってことで、今日は久しぶりに、疲労をしっかりと抜いた背中を鍛えました。
 
 
ベントオーバーロウは、背中の筋トレの必須項目で、中僧帽筋や広背筋への刺激を増加させるために、少し変則的なフォームでおこなっています。
 
 
ベントオーバーロウに限らず、最近はおこなっている筋トレの大半が変則的になってきているので、他の人からすると異質に見えるかも?
 
 
ワンハンドロウは、広背筋への刺激を増加させるために、腕の軌道を工夫しています。
 
 
さらに、ベントオーバーロウからのワンハンドロウなので、重量を持ち上げるのに必死です(笑)
 
 
でも、やっぱり背中の筋トレは、ツラくても気持ちが下がらず頑張れる!
 
 
見栄えの良い腕にしようと、力こぶ(上腕二頭筋)の外側に効くサイドカールの取り組みに力を入れていきます。
 
 
マッスルコントロールの精度を確認するために、12kgと軽い負荷にしたはずですが、右腕で、ダンベルを持ち上げた時に、筋肉に痛みが走りました。
 
 
各種上半身の筋トレで、右腕に疲労が溜まり、それが抜けていないみたいです。
 
 
12kgで痛みが出るとは、何とも情けない腕筋だこと(苦笑)
 
 
痛みが出ないように、腕に超音波でもして、明日もサイドカールを頑張ろうかな。
 
 
 
 
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^