佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

フルスクワットではなく、ハーフスクワットをおこなっている理由!

▼フルスクワットではなく、ハーフスクワットをおこなっている理由!
 
 
佐藤雄一です。
 
 
下半身2日目!(第53クール) 
お尻(ハーフスクワットジャンプ150kg)・ふくらはぎ(シーテッド・カーフレイズ30kg×2)・お尻(ドンキー・キックバック)・お腹(アブローラー)
 
 
僕はスクワットをおこなう時に、深くしゃがみません。
 
 
深くしゃがまない代わりに高重量を扱っていて、今のジムでは出来ませんが、前のジムでは最大で270kgでスクワットをおこなっていました。
 
 
今は、スクワット200kg、スクワットジャンプ150kgでおこなうことが多いです。
 
 
深くしゃがまない理由は、太ももを太くしたくないから!
 
 
なので、ひざ関節の可動域を小さくして、スクワットをしています。
 
 
「だったら、スクワット自体をしなければ?」
 
 
という声も出てくるかもしれませんが、太くはしたくないけど、引き締まった太ももにするためにおこなっています。
 
 
ちなみに、60代女性のお客様に、ハーフスクワット60kgをおこなってもらったら、通っているエステティシャンに「脚細くなりましたね!何かしているんですか?」と聞かれたそうです。
 
 
でも、お客さまは嬉しくなかったそうです。
 
 
どちらかというと、脚(太もも)は太いのが良いということで、「細くではなく、太くしてください!」と怒られちゃいました(笑)
 
 
 
今日は、仕事終わりに厚別区体育館にて、血流制限しながら下半身の筋トレに励みました。
 
 
『レッグエクステンション』『レッグカール』『レッグプレス』を使って、ガッツリと追い込むつもりでしたが、チカラを入れると頭痛がして思うように追い込めませんでした。
 
 
カラダを触ると、いつもより熱いので微熱でも出てるのかな?
 
 
こんな時は、早く寝てカラダを休めよう!
 
 
と思っても、早く寝たら、その分早く目が覚めてしまうショートスリーパーです(笑)
 
 


もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^