佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

腰を痛めそうなくらい、カラダがブレてしまいました。

▼腰を痛めそうなくらい、カラダがブレてしまいました。
 
 
 
佐藤雄一です。
 
 
 
ジャイアントセットvol.11ー
 
下半身
┗ハーフスクワットジャンプ170kg
ふくらはぎ
┗シーテッド・カーフレイズ30kg
太もも
┗ニーレイズ
お腹
┗ニー・トウ・チェスト
 
 
 
ハーフスクワットジャンプの1セット目と2セット目は、カラダがかなりブレました。
 
 
 
原因は、集中力不足!
 
 
 
いつもなら、バーベルを首に当てた瞬間に、スッと集中できるのですが、今日はそれが出来ませんでした。
 
 
 
2セット目のブレは、腰を痛めそうなくらい、カラダがブレたので、ちょっと焦りました(笑)
 
 
 
ちなみに、僕はトレーニングベルトを使用せずに、ナチュラルな腹圧で行なっています。
 
 
 
270kgでハーフスクワットをおこなっていた時もベルトを使用しませんでした。
 
 
 
ベルトを巻いた時に、すごいカラダに違和感があって嫌なんですよねー。
 
 
 
ちなみに、ベストボディーなどのコンテストに出ている若手トレーナーと、トレーニングベルトの有無を話した時に、「高重量時にベルトを使わないって、体幹が強いんですね」と言われました。
 
 
 
シーテッド・カーフレイズは、ジムの環境的に、足関節の可動域を広く使ったフォームで出来ないので、しっかりと筋肉に刺激が入るまで、回数をこなしています(目安:30回)
 
 
 
ニーレイズは、筋肉を鍛えるというよりは、股関節内旋の可動域を広げるためにおこなっています。
 
 
 
なので、ちょっとフォームが特殊です。
 
 
 
特に、股関節内旋の可動域を広げる必要性はないのですが、今年は拘りたいなと思って、いろいろと試しています。



佐藤への質問・感想は、メールフォームより受け付けております。ですが、お返事できない場合もありますのでご了承願います。



もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^