佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

重量を乗せたいのに、無意識で重量を逃がしてしまっていた!?

▼重量を乗せたいのに、無意識で重量を逃がしてしまっていた!?
 
 
 
佐藤雄一です。
 
 
 
ージャイアントセットvol.16ー
 
┣バーベル・フロントレイズ30kg
┣リアレイズ12kg
┗アーノルドプレス12kg
お腹
┗ニー・トウ・チェスト
 
 
 
筋疲労が抜けず、溜まってきていますが、カラダの動きは良い感じで動いています。
 
 
 
カラダの動きが良いと、筋肉に対して重量を乗せやすくなるので、さらに疲労がたまります。
 
 
 
筋トレで筋肉に効かせることよりも、筋トレで疲労した筋肉を回復させる方が、何倍も難しい。
 
 
 
年々、そう思うようになりました。
 
 
 
 
アーノルドプレスで、これまでよりも重量を肩に乗せることが出来る、位置・角度をみつけました。
 
 
 
というより、これまでが無意識で重量を逃がす位置・角度で、おこなっていたという見方も出来るかな?
 
 
 
しばらくは、重量を持ち上げることは忘れて、位置と角度を脳とカラダに馴染ませよう。
 
 
 
佐藤への質問・感想は、メールフォームより受け付けております。ですが、お返事できない場合もありますのでご了承願います。



もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^