佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

重量感にあふれた胸板への道??

▼重量感にあふれた胸板への道??
 
 
 
佐藤雄一です。
 
 
 
ージャイアントセットvol.33ー
 
背中
┗バーベル・シュラッグ100kg/10回
┣アラウンド・ザ・ワールド10kg/10回
┗インクライン・ダンベルプレス20kg/8回
お腹
┗バーベル・スタンディングツイスト/20回
 
※各3セット
 
 
 
アラウンド・ザ・ワールドとインクライン・ダンベルプレスの順番を入れ替えてみました。
 
 
 
インクライン・ダンベルプレスは、20kgで10〜12回を予定していたけど、アラウンド・ザ・ワールドが胸に効いて、1セット目の1回からきつかった。
 
 
 
結局、予定していた回数より少ない8回しか出来なかった(笑)
 
 
 
筋トレ後の胸の張りが良かったので、これからは、この順番でおこなって、胸筋を刺激しよー。
 
 
 
バーベル・シュラッグは、僧帽筋中部に効かせる、背中を丸めて(胸椎屈曲)おこなっています。
 
 
 
5月中旬に、重度の肝疲労で、カラダが思うように動かなくなり、一週間ほど筋トレを休みました。
 
 
 
筋トレ再開後、筋疲労をためないように、セルフケアを入念におこなったことで、胸椎の可動域が増しました。
 
 
 
それにより、これまでよりも重量がより、僧帽筋中部に乗るようになりました。
 
 
 
重量を乗せられるようになることで、発達が加速していきますが、それに比例して背中や腰の筋疲労が、これまでよりも激しくもなっています(笑)
 
 
 
昨日、パーソナルトレーナー契約をしているフィットネスクラブに仕事に行ったら、男性インストラクターに「デカい背中していますね!」と声をかけらました。
 
 
 
その男性インストラクターは、知り合って10年くらい経ちます。
 
 
 
これまで、そんなことを言われたことがないので、上手く僧帽筋中部を発達させることが出来ているのかもしれません。
 
 
 
自分の眼では確認しにくいので、成長の実感がイマイチありません(笑)
 
 
 
今年は、胸の筋量も増やしているので、上手くカラダが発達したら、重量感にあふれた胸板になるかな??
 
 
 
佐藤への質問・感想は、メールフォームより受け付けております。ですが、お返事できない場合もありますのでご了承願います。
 
 
 
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^