佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

苦手意識が強かった背中の筋トレ。今は、全く苦手意識がなく取り組んでいます

▼苦手意識が強かった背中の筋トレ。今は、全く苦手意識がなく取り組んでいます。
 
 
 
佐藤雄一です。
 
 
 
ージャイアントセットvol.40ー
 
背中
┣アラウンド・ザ・ワールド3kg/10回
┣ダンベル・シュラッグ28kg/15回
┗ベントオーバーロウ70kg/12回
お腹
┗ニー・トウ・チェスト/20回
 
※ジャイアントセット/3セット
※加圧ベルト(類似品)で血流制限
 
 
 
筋トレをはじめた頃は、背中の筋トレが大の苦手でした。
 
 
 
苦手意識が強かったので、ラットプル以外の種目をおこなった記憶がありません。
 
 
 
しかも、ラットプルは、フォームが悪すぎて、背中に全く効いていませんでした(笑)
 
 
 
それが、クイックリフトを習得しようと、練習の明け暮れていたら、いつの間にか、背中や腰のマッスルコントロールが、巧く出来るようになりました。
 
 
 
それからは、苦手意識がなくなり、今では筋トレの中で『背中』の筋トレが一番好きです。
 
 
 
ってことで、今日は意図しなくても、意欲と集中力高く、背中を鍛えることが出来ました(笑)
 
 
 
筋トレをおこなう時は、対象部位がしっかりと『緊張』するようにしていますが、セルフケアをおこなう時は、対象部位がしっかりと『弛緩』するようにしています。
 
 
 
『弛緩』は、ある程度までできても、かなりの緊張量が解消されないまま残ってしまいます。
 
 
 
この残った緊張部分をそのままにしておくと、しこりとなって増大してしまいます。
 
 
 
緊張量が残らないようにするために、さまざまなセルフケアをおこなっていますが、それは全て筋肉や皮膚を直接的に刺激を入れていました。
 
 
 
ですが、カラダを緊張させるのは、肉体だけでなく精神的なものからも緊張を生み出してしまいます。
 
 
 
精神的なものからくる緊張感を、しっかりと抜くことができれば、もっと日常生活を快適に過ごすことができるようになりますし、筋トレによる疲労を素早く回復出来るだろう……
 
 
 
ということで、精神的なストレスを緩和させる方法を、いろいろと探っています。
 
 
 
緊張量の少ない筋肉を目指して、新たなセルフケアを確立させていきます!
 
 
 
佐藤への質問・感想は、メールフォームより受け付けております。ですが、お返事できない場合もありますのでご了承願います。
 
 
 
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^