佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるためのスポーツコンディショニングをしています(完全予約制/筋トレ初心者歓迎)/【提携施設】札幌市中央区南3条西9丁目999−1 新和プラザビル3F 札幌ボディファクトリー

軽い重量でも○○○の筋トレは、かなり気持ちが萎えます(笑)

▼軽い重量でも○○○の筋トレは、かなり気持ちが萎えます(笑)
 
 
 
佐藤雄一です。
 
 
 
ージャイアントセットvol.120ー 
 
力こぶ
┗バーベル・ドラッグカール80kg/10
二の腕
┗ダンベル・トライセプスエクステンション5kg/15回
力こぶ
┗ハンマーカール16kg/15回
二の腕
┗ディッピング/15回
 
※ジャイアントセット/3セット
※加圧ベルト(類似品)で血流制限/2セット
 
 
 
力こぶの筋トレは重量をがむしゃらに持ち上げ、二の腕の筋トレは軽い重量で丁寧に持ち上げました。
 
 
 
ちなみに、これを逆におこなうと、かなり気持ちが萎えます!
 
 
 
二の腕の筋トレをがむしゃらに持ち上げることは出来ますが、力こぶの筋トレを軽い重量を丁寧に持ち上げるのは、僕にとってはかなり苦痛です。
 
 
 
力こぶに重量が乗っかるの、何だか苦手なんですよね。
 
 
 
ってことで、力こぶの筋トレは、高重量でがむしゃらに持ち上げて、すぐに終わるようにすることが多いです(笑)
 
 
 
1セット目と2セット目は、加圧ベルト(類似品)を使用しながらおこない、3セット目は除圧しておこないました。
 
 
 
他の人に状況を確認したことがないので、個人的な感覚ですが、加圧時より除圧時の方がキツく感じます。
 
 
 
3セット目だからというのもあるかもしれませんが、加圧ベルトを使用している時って、なぜか集中力が高まって、筋出力が上がる気がします。
 
 
 
なので、加圧ベルトを毎セット使いたくなりますが、加圧と除圧で血流をコントロールすることで、さまざまな効果を得ることが出来るので、使いたい気持ちをグッと抑えて、3セット目でベルトを外しています。
 
 
 
と言いながら、加圧ベルト(類似品)を購入して、三ヶ月ほどは毎セット使っていました(苦笑)
 
 
 
それでも、使用前と比べると筋肉の発達が加速していましたが、加圧と除圧をおこなった方が、より発達を感じます。
 
 
 
注)僕は加圧トレーニングの有資格者ではないので、お客さまの指導では加圧ベルト(類似品)を使いません。そもそも、ベルトは正規品でないですしね。ってことで、いつも類似品と記載しています。
 
 
 
佐藤への質問・感想は、メールフォームより受け付けております。ですが、お返事できない場合もありますのでご了承願います。
 
 
 
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^

  
ー使用しているベルトー

 

ー参考にしている書籍ー