佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌市中央区で腰痛・ひざ痛をスッキリさせることを21年おこなっています

躊躇することをやめます!

▼躊躇することをやめます!
 
 

f:id:yuichisatoblog:20200510152756p:plain

 
 
「サプリメントまるわかり大辞典/桑原弘樹」より一文を抜粋。
 
 
学生が犯しがちなミスですが、サプリメントは「飲めば飲むほど減ってしまうから、もったいない」という思いが働いて、少しずつ量を減らしたり、わざと飲むのを我慢したりするケースが見受けられます。
 
 
もちろん、不必要に大量に摂取する必要はないのですが、必要な量を的確に摂るということはサプリメントの効果を引き出す上で大切なポイントです。
 
 
私は学生に「飲めば飲むほどサプリメントは消失してしまうのではない。みなさんのカラダに変わっているのだ」という話をします。
 
 
道具やウェアーにはお金をかけるけれど、使えば使うほどなくなっていくサプリメントにはお金をかけない、あるいは使わないようにするようにするのは本末転倒というわけです。
 
 

サプリメントまるわかり大事典

新品価格
¥1,760から
(2020/5/21 09:13時点)



 
佐藤雄一です。
 
 
減るのがもったいないという気持ちは、めちゃくちゃわかります。
 
 
僕も、量が少なくなると、摂取量を減らしたり、飲む頻度を減らしちゃうことあります(笑)
 
 
過去には、余りにも大事にし過ぎて、何ヶ月も放置してしまい、結局飲まずに捨てることになってしまったこともあります(笑)
 
 
現在、僕が摂取しているサプリメントは、プロテイン、マルチビタミン・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・コラーゲン・食物繊維・コンドロイチン、鉄、ヘム鉄、亜鉛など
 
 
ビタミンBやCは、水溶性などで汗や尿などと一緒に流れ出てしまうので、パッケージに書かれている量より多く摂取しているので、60日のお徳用を買っても、10日ほどで無くなるので、
 
 
コンドロイチンは、ひざ痛の年配者が摂取するイメージがあるかもしれませんが、日々の筋トレで、少なからず関節に負担がかかるので、少しでも関節を保護出来るように摂取しています。
 
 
年々、摂取するサプリメントが増えているので、かなり費用がかかっています。
 
 
現在、一番高価なサプリメントはこの二つです。
 
 
 
 
 
ともに一ヶ月タイプなので、この二つだけでも月のサプリメント代がかさみます。
 
 
なので残り少なくなると、ケチな根性が出てきやすくなるので、『飲めば飲むほどサプリメントは消失してしまうのではない。みなさんのカラダに変わっているのだ』というのは、かなり心に突き刺さりました!!
 
 
これを機に、心を入れ替えて、サプリメントを飲み続けます(笑)
 
肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップのご依頼を承っています。(初心者歓迎)
 

【提携施設】
札幌市中央区南3条西9丁目999-1 ビラ・アペックス狸小路39 3F 札幌ボデイファクトリー(地下鉄東西線西11丁目駅3番出口より徒歩5分)

月〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^