佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

札幌市中央区で腰痛・ひざ痛をスッキリさせることを21年おこなっています

僕は社会・仕事をなめていました。

ー臨時休業期間についてー
 
NAS札幌、NAS東札幌、ロイトン倶楽部
〜5月31日(日)
 
札幌ボディファクトリー
札幌市の休業要請解除されるまで
 
※札幌ボディファクトリーは、5月16日(土)より、営業再開を予定でしたが、北海道の緊急事態宣言が解除にならず、札幌市からの休業要請も延長になったので、臨時休業も延長になりました。
 
営業再開しましたら、こちらで予約可能日時をお知らせいたしますね。
 

 
 
▼僕は社会・仕事をなめていました。
 
 

f:id:yuichisatoblog:20200522190959p:plain

 
佐藤雄一です。
 
 
先日、ちょっと昔のことを話する機会があり、20歳の頃の僕は、世の中を舐めていたことを思い出しました(笑)
 
 
1999年スポーツ系専門学校在学中に、パーソナルトレーナー養成講座に通いました。
 
 
当時は、パーソナルトレーナーという職業は札幌ではほぼ認知されていませんでしたし、フィットネスクラブでパーソナルトレーニングは御法度でした。
 
 
フィットネスクラブで有料プログラムとして導入されはじめたのは、2005年くらいだったかな?
 
 
僕は、2009年にスポーツクラブNASと契約をして、札幌市内3店舗で活動を開始しました。(2000
〜2009年まではパーソナルトレーニング専門ジムのみでの活動)
 
 
2000年3月に専門学校を卒業して、すぐにフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動を開始。
 
 
パーソナルトレーニング専門ジムと施設利用契約したので、後はお客さまに来て頂くだけ。
 
 
専門学校でトレーナーとしての基礎、養成講座で応用を学んだことで、専門学校卒業後すぐにフリーランスのパーソナルトレーナーとして収入を得ることが出来ると思いました。
 
 
 僕の指導に納得してもらえる! 
 
 
そんな自信に満ちあふれていました。
 
 
しかし、僕はスタートの第一歩を間違いました。
 
 
技術があれば収入を得ることが出来ると思っていましたが、現実は、とても生活していけるだけの収入を得ることが出来ませんでした。
 
 
先輩トレーナーに「普通は、3年は会社員として働き社会を学んでから独立するもの!」と言われるくらい、僕は社会・仕事というのをわかっていませんでした。
 
 
社会人としてのマナー・社会人としての人脈など僕には全くありませんでした。
 
 
当然ながら、集客ノウハウもありません。
 
 
ぶっちゃけ「パーソナルトレーナーやってます!」と言えば、仕事になると思っていたので、マナー・人脈・集客ノウハウの必要性を全く考えていませんでした。
 
 
社会・仕事をなめきっていたので、収入を得ることが出来ないのは当たり前。
 
 
最初の1年は貯金を食いつぶしながら生活していました。
 
 
それから21年!
 
 
なんとか転職せずに、細々とパーソナルトレーナーやってこれています!(笑)
 
 
現在、緊急事態宣言・休業要請により仕事が出来ない状態です。
 
 
ともに解除されても、すぐに元の状況になるとは限らないので、仕事が再開したときには、これまでのキャリアは無いものとして、1年目と思って活動していこうと思います。
 
 
昔のように社会・仕事を舐めないことを前提に!
 
肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップのご依頼を承っています。(初心者歓迎)
 

【提携施設】
札幌市中央区南3条西9丁目999-1 ビラ・アペックス狸小路39 3F 札幌ボデイファクトリー(地下鉄東西線西11丁目駅3番出口より徒歩5分)

月〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^