札幌で通をうならせる筋トレと施術を体感しませんか?

S&Cサポート代表の佐藤雄一です。健康、体力作りを目的とした一般の方、スポーツの競技力向上を目的としたアスリートに対して運動指導、健康器具、健康食品、コスメの販売をしています。

心の闇/10代の僕(2)

ー臨時休業期間についてー
 
NAS札幌、NAS東札幌、ロイトン倶楽部
〜5月31日(日)
 
札幌ボディファクトリー
札幌市の休業要請解除されるまで
 
※札幌ボディファクトリーは、5月16日(土)より、営業再開を予定でしたが、北海道の緊急事態宣言が解除にならず、札幌市からの休業要請も延長になったので、臨時休業も延長になりました。
 
営業再開しましたら、こちらで予約可能日時をお知らせいたしますね。
 

 
 
▼心の闇/10代の僕(2)
 
 
f:id:yuichisatoblog:20200528161540p:plain
 
 
佐藤雄一です。
 
 
10代の僕(1)では、色黒な肌がコンプレックスだったと言いましたが、まだまだコンプレックスはあります!
 
 
高校生の頃、カラオケBOXが流行りました。
 
 
当時、人口7000人くらいしかいない、ど田舎にもカラオケBOXがあったので、授業や部活が終わると行くわけです。
 
 
僕は音痴だったので、カラオケの魅力がわからず、2回くらいしか行っていません。
 
 
音痴だから人前で歌うなんて……人の歌を聴くのも好きでなかったし……そもそも、人前で何かをするのがめちゃくちゃキライでした。
 
 
だから、カラオケでなく部活も楽しくありませんでした。
 
 
中学・高校ともに、全員何かしらの部活に所属しないといけなかったので、中学の時は相撲部・高校の時はサッカー部に入りました。
 
 
相撲は諸事情で自分の意志とは関係なく入り、サッカーはJリーグブームに便乗しました。
 
 
どちらも本気でやりたかったわけではなかったので退部して、ほぼ帰宅部に近い同好会に属します。
 
 
ちなみに、人前で何かをするのがめちゃくちゃキライなのは、失敗・出来ないのを他人に見られたくないという、何ともくだらない理由です。
 
 
そんな誰も注目なんてしないないのに、自意識過剰していました。
 
 
10代の僕は、娯楽や部活を真剣に打ち込むこともなく、楽しむこともない。
 
 
何ともつまらない青春です(笑)
 
 
だから、僕の顔は笑顔なく、無表情もしくはムスッとしていたと思います。
 
 
 
 
高校を卒業し、札幌に住んで数ヶ月後・・・・
 
 

f:id:yuichisatoblog:20200528155711j:plain

※写真は、5年前(35歳)のものです。
 
 
ちょっとしたキッカケでカラオケ嫌いを克服して、カラオケ大好きっこになりました。
 
 
目の前に人がいようと、お構いなしで何曲も歌えます。
 
 
むしろ、人がいないところで歌うのは面白くないと思っているので、ヒトカラの魅力がイマイチわかりません!!
 
 
肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップのご依頼を承っています。(初心者歓迎)
 

【提携施設】
札幌市中央区南3条西9丁目999-1 ビラ・アペックス狸小路39 3F 札幌ボデイファクトリー(地下鉄東西線西11丁目駅3番出口より徒歩5分)

月〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^