佐藤雄一公式ブログ/心技体!昨日の自分よりも成長するために

S&Cサポート代表の佐藤雄一です。健康、体力作りを目的とした一般の方、スポーツの競技力向上を目的としたアスリートに対して運動指導、健康器具、健康食品、コスメの販売をしています。

整形外科病院でひざ痛の運動療法

ー営業再開についてー
 
NAS札幌、NAS東札幌、ロイトン倶楽部
6月2日(火)から短縮営業にて営業再開 ※7月1日からダンス系レッスンが再開されました。(レスミルズのみ引き続き休止中)
 
札幌ボディファクトリー
6月1日(月)から短縮営業にて営業再開
 
※NAS札幌、NAS東札幌、ロイトン倶楽部、札幌ボディファクトリーの営業が再開になりますが、まだ通常営業とはいかず感染予防対策をしながら短縮営業になります。よろしくお願いいたします。
 
予約可能日時はこちらをご覧下さい。(札幌ボディファクトリーのみ)
 

 
 
▼整形外科病院でひざ痛の運動療法
 
 

f:id:yuichisatoblog:20200701184917p:plain

 
S&Cサポート代表の佐藤雄一です。
 
 
2009年〜2011年まで週3回、整形外科病院(外来専門)でひざ痛の患者さんを対象に運動指導に行っていました。
 
 
今でもあまり変わらないと思いますが、僕が関わっていた三年間は60歳以上の女性の来院がとても多かったです。
 
 
そして、カルテには「変形性膝関節症」と書かれている人が半分以上。
 
 
その中でドクターから許可出た患者様の個別指導していました。
 
 
結構、評判が良くて患者様からドクターに指導を受けたいと直談判してくださる方もいたんですよ。
 
 
1日20名ほど指導しました。
 
 
これだけの人数をこなすには1人あたり15分〜20分くらいしか時間をかけることが出来ません。
 
 
そのため、効果的は運動指導をするために、要点を瞬時に絞り込む必要がありました。
 
 
脳みそフル回転です!
 
 
短時間な運動指導ではありましたが、指導した患者さんから、こんな声を頂きました。
 
 
『長時間あるいても、膝が痛くならない』
 
『体がフラつかずに、歩けるようになった』
 
『膝に不安なく、旅行を楽しむことができた』
 
 
より具体的な声としては……
 
 
『これまで、手すりに掴まらないと階段を降りられなかったのに、こないだ気がついたら手すりにつかまらないでスタスタと降りていたの!」』
 
 
三年間、たくさんのひざ痛に携わったことで、ひざ痛改善のポイントをいくつかおさえることが出来ました。
 
健康、体力作りを目的とした一般の方、スポーツの競技力向上を目的としたアスリートに対して運動指導、健康器具、健康食品、コスメの販売をしています。
 

【提携施設】
札幌市中央区南3条西9丁目999-1 ビラ・アペックス狸小路39 3F 札幌ボデイファクトリー(地下鉄東西線西11丁目駅3番出口より徒歩5分)

月〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)
もしこのブログが面白い!と思っていただけたら、あなたの友人にのおすすめ頂けると嬉しいです。^^